当協会では、2018年2月1日に大阪府立生野聴覚支援学校前の交差点に突っ込んできた重機にはねられて亡くなった井出安優香さん(当時小学5年生)のご両親が、加害者と建設会社を相手にたたかっている民事裁判を支援しています。
 被告側は、井出安優香さんが聴覚障害者であることを理由に逸失利益(生涯の収入見込み額)の基礎収入を、きこえる女性労働者の40パーセントとすべき、理由として聴覚障害者の思考力や言語力・学力は、小学校中学年の水準に留まると主張しています。被告側の主張は障害を持つ全ての人に対する侮辱で、聴覚障害者を含めたすべての障害者はひとりの人間として扱われないという、優生思想ともみなされる差別の問題とみています。

●公益社団法人 大阪聴力障害者協会のこれまでの取り組み
1.2018年2月1日:大阪府立生野聴覚支援学校の門前で事故発生。
 井出安優香さん(当時小学5年生)が亡くなり、教師・生徒合わせて4人が怪我を負った。
2.2021年2月:日本聴力障害新聞から、当会に取材の協力依頼。
3.2021年4月16日:大阪障害フォーラム(ODF)会議にて、大竹会長が裁判支援を要請。
4.2021年5月18日:当会三役と常任理事2名が、井出努さんと初めて対面。
5.2021年5月20日:当会文書常任理事会にて、裁判の支援と署名運動の実施を正式に決定。
6.2021年5月26日:大阪地方裁判所にて第7回公判が行われ、当会から6名が傍聴、大竹会長からはコメント文を発表。
 この日の裁判後より、〆切を6月30日に定めて署名運動を開始。
 ・大竹会長コメント
7.2021年5月31日:要望によりオンライン署名を開設。
8.2021年6月1日:当会の機関紙「ろうあ大阪」6月号にて裁判を支援することを発表、署名運動の実施も掲載。
9.2021年6月3日:署名集計10,000筆を突破。
10.2021年6月11日~12日:全日本ろうあ連盟評議員会にて、近畿ブロックから優生思想根絶のための緊急議案を提出。連盟理事会で理事会議案となり、評議員会で「優生思想を根絶する運動を強化する」特別決議として承認された。
 ・「優生思想を根絶する運動を強化する」特別決議
11.2021年6月14日:署名途中集計 約16,000筆が集まる。
12.2021年6月24日:署名途中集計 22,984筆が集まる(紙署名5,439筆、オンライン署名17,545筆)
13.2021年6月30日:署名一次〆切 31,419筆が集まる(紙署名12,748筆、オンライン署名18,671筆)
14.2021年7月1日:当会の機関紙「ろうあ大阪」7月号にて、礒野副会長より裁判の支援に至るまでの経緯と、5月26日裁判傍聴の報告を掲載。
15.2021年7月1日~6日:連日、協会役員が署名を集計。
 最終101,685筆(紙署名82,827筆、オンライン署名18,858筆)となった。
16.2021年7月7日:午後2時、井出さん夫婦とともに大阪地方裁判所 第15民事部へ署名提出。
 ・当会報告、マスコミ報道
 ・Yahoo! ニュース記事
17.2021年7月14日:大阪地方裁判所にて第8回公判。当会より8名が傍聴。
 ・ABC関西ニュース記事
 ・Yahoo! ニュース記事(ABC)
 ・Yahoo! ニュース記事(MBS)
 ・Yahoo! ニュース記事(読売)
18.2021年7月17日:当会理事会にて2次署名運動を行うことを決議。〆切9月8日。
19.2021年9月29日:大阪地方裁判所にて第9回公判予定