当会では2018年度より、全日本ろうあ連盟が実施する旧優生保護法による強制不妊手術の実態調査をはじまりとして、以下の取り組みを続けています。
 ご本人やご家族で心当たりのある方がおられましたら、大阪ろうあ会館までご相談ください。
 厚労省の一時金支給(一律320万円)に関する相談、手続きに関する支援も実施しています。お気軽にご相談ください。
 ※相談に来られた方の個人情報等の秘密は厳守します。

【ご相談窓口】
※大阪ろうあ会館 旧優生保護法相談窓口
 FAX:06-6768-3833 電話:06-6761-1394
  ・平日(月~金)9時~21時まで、土曜日9時~17時半まで開館しています。

■ 全日本ろうあ連盟「聴覚障害者の強制不妊手術等の実態調査及び一時金支給手続きについて」

■ 大阪府「旧優生保護法に関する取り組みについて」

■ 厚生労働省「旧優生保護法による優生手術等を受けた方へ」

●公益社団法人 大阪聴力障害者協会のこれまでの取り組み
1.2018年4月5日:全日本ろうあ連盟の実態調査開始により、緊急常任理事会を開催。
  調査期間を2018年5月25日までとし、登録調査員を人選。
2.2018年4月29日:近畿ろうあ連盟主催の緊急学習会
  会場は大阪府谷町福祉センター、講師は辻川圭乃弁護士。
  調査の説明は全日本ろうあ連盟福祉・労働委員会 大竹浩司委員長(当会会長)
3.2018年6月9日:第66回全国ろうあ者大会(大阪)期間中に全日本ろうあ連盟が記者会見(「エルおおさか」にて)
  ・朝日新聞記事
  ・産経新聞記事
4.2018年8月10日:大阪の実態調査 中間報告会を実施
  大阪府谷町福祉センターにて、参加者91名。大阪弁護団からも3名参加
  ・ろうあ大阪記事
5.2018年9月2日:ろうあ者日曜教室「旧優生保護法とは」講師:中岡正人常任理事
  西成区民センターにて、参加者27名
  ・ろうあ大阪記事
6.大阪の実態調査件数 2018/9/30時点で被害者10名(全員女性)、件数14件(不妊6件、中絶8件)
7.大阪の実態調査件数 2018/10/31時点で被害者13名(男性1名、女性12名)、件数19件(断種1件、不妊8件、中絶10件)
8.大阪の実態調査件数 2018/11/30時点で被害者15名(男性1名、女性14名)、件数21件(断種1件、不妊10件、中絶10件)
9.2019年1月30日:野村太郎さん・花子さん夫婦(仮名)が大阪地裁に提訴(呼びかけチラシ
  聴覚障害者としては兵庫、静岡に続き3例目。
  ・ろうあ大阪記事
  ・朝日新聞記事
  ・毎日新聞記事
  ・福井新聞記事
10.2019年4月17日:野村夫婦 第1回公判(呼びかけチラシ
  ・ろうあ大阪記事
11.2019年5月19日:大阪三団体主催で「旧優生保護法に関する学習会」を開催(淀川区民センターにて)
  講師:藤木和子弁護士、参加者70名(ろう者25名、聞こえる人45名)
12.2019年5月27日:野村夫婦 第2回公判(呼びかけチラシ
13.2019年6月11日:大阪弁護団との懇談会を実施(大阪弁護士会館にて)
  野村夫婦への支援で気づいたこと、法廷内での情報保障等について議論
14.2019年7月11日:第1回 大阪旧優生保護法対策チーム会議を開催
  チーム体制と11/18公判における証人の人選等について審議
15.2019年10月24日:第2回 大阪旧優生保護法対策チーム会議を開催
  今後の支援方法、一時金申請の周知等について審議
16.2019年11月18日:野村夫婦 第3回公判(呼びかけチラシ
  礒野副会長証人尋問
  ・優生保護法被害弁護団サイト
17.2019年11月21日:第3回 大阪旧優生保護法対策チーム会議を開催
  11/18裁判の報告、11/25傍聴の確認、学習会の実施や来年度以降のチーム運営等について審議
18.2019年11月25日:野村夫婦 第4回公判
  野村太郎さん、花子さん、花子さんの長姉証人尋問
  次回公判3/6
19.2019年12月13日:2組目の聴覚障害者夫婦が大阪地裁に提訴(呼びかけチラシ